読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冗談でしょ!スクリューバリスネリアの評判♪

人気
いろいろ勉強しないとね。しっかりとしたものが送られてきましたし!値段も安いしかなり気に入りました。も、入ってました(~o~)小さいのもあったからかな?とか思いつつ、得した気分です♪クルクルしたキレイな葉で可愛いです(*^^*)お魚も喜んでくれてる感じ♪大事に育てます☆ありがとうございました。

こちらになります♪

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

スクリューバリスネリア水草)スクリューバリスネリア(無農薬)(5株) 北海道航空便要保温

詳しくはこちら b y 楽 天

購入してから半年たちましたが!今では水槽の6割ぐらいこれに覆われています。水流の強い所に植えたのでユラユラなびいて大変綺麗です。欲しかった水草です。とても綺麗に育っています。30cm水槽の奥のほうに設置。葉が巻くこともあるのか水槽の上方に伸びるというよりは横に広がる印象です。綺麗な水草水槽にあこがれて、現実はきびしー。魚を入れすぎないようにして富栄養化を抑えれば!割に飼育しやすい種類と思います。満足しています。笑ニラですねヽ( ̄▽ ̄)ノ青々していて美味しそうです。後景に植えてましたがいつの間にか前景にもぽんぽん生えていました。ねじれがなくなってきてるようにも思うんですが。育成も簡単のようなので!オススメだと思います。邪道かもしれませんが水草を傷めることなく手を濡らさずに植えつけできて浮き上がらないので楽でした。)根が張ったらクリップだけを上に抜くか無理ならそのままクリップごと砂をかけるか!手前に小石を置けば目立たない思います。です。水草も奥が深いですね。低温耐性、(富栄養による)コケへの耐性、植え替えそれぞれスピラリスと比べ若干落ちる印象ですが、15℃程度なら生長するようで充分扱いやすいと思います。めだか、ミナミヌマエビ、シジミの水槽に入れるのに購入しました。底床には未処理の大磯砂を使っているので!ph7.2!GH8ぐらいの状態です。(水草を通した状態でクリップを曲げようとすると失敗しますよ。中性よりちょっと弱アルカリ性の!硬度も高めといった環境ですので!水草にとっては厳しいのでしょう。全体的に枯れて溶けていくわけでもなく!わずかながら生長しています。背が高いです♪個人的にたてロールみたいな草姿がお気に入りです。ショップを探しても無農薬のものがなく、こちらで扱っていて助かりました。背の高いものをフィルター近くにしたら水流に巻き込まれておじきし続けているので、少しかわいそうです。60cm水槽に入れてちょうどいい感じです。ランナーが出てきて増えてくれると嬉しいです。カールが美しく、枯れにくい溶けにくいで生体の隠れ家にバッチリです!貝が登るといつもふわ〜〜と下に降ろされます。ミナミヌマエビは薬害に弱いので無農薬は大変有難いです。そんでもって、ナナの次にダメになる率が低い気がしてますランナーで着々と増えてくれて、でも手に負えないほどではない…そんなところが好きですとても綺麗な水草が届きました。おすすめ水草です。水温が低いほうがよりねじれるみたいです。5株あったのですが、これは十分な飾りになりました。地元店舗で購入したバリスネリア-スピラリスとの比較です。。大磯の60cm水槽でCO2無し1灯式ですが、全然問題ありません。5株注文しましたが!小さいのも含めて7株入っていました。どうしたらよいか検討中。ちょうど水面くらいまでのものが3株、少し低めのものが2株、おまけ?の小さなものが1株届きました。環境に合わせて生きていこうとするんですかね、、、。商品ページには「5株」とありましたが!届いたものはそれより少し多かったです。クルッとひねっているところがとてもかわいいくてきれいです。ねじれて綺麗です。レイアウトでも映えるので!初心者にもお勧めです。得した感じです。金魚が主役の水槽で、水草を始めようと思って・・・。ただし60cm水槽で丁度良い長さなので、それ以下の水槽の場合はちょっと厳しいかもしれません(カットすればよいかとは思いますが)。きれいな株が5本届きました。(スピラリスは10-15℃でも生長してしまう強靭さなので比較するのがきついですが)葉は若干細めで葉の長さも短めのようです。葉はいきいきとしていて大変きれいで大満足です^^写真と同じ感じで、イメージどおりです。増えるスピードは若干落ちるように思われますがスピラリスは増えすぎることがあるので!レイアウトの管理の上ではラクかもしれません。先にクリップを曲げておいて優しく傷付けないように水草を通すのがポイントです。枯れていく葉と!少しずつ伸びていく葉があります。ミナミヌマエビたちがねじれを楽しむようにコケをついばむ姿がかわいいです。うちの水草は底砂が砂利(大磯?)で、植え付けてもすぐに浮き上がってしまうので、ゼムクリップを曲げて適当なサイズの穴を作っておいて、葉先から根元に向かって通し、そのまま沈めて着地させました。